2016年5月31日 (火)

県高等学校書道教育研究会

本日、本校の二甲記念館をメイン会場として、県高等学校書道教育研究会が開催され、県内の高校で書道教育に当たっておられる先生方32名が参加されました。

1

3限目には本校の秋元教諭の研究授業もありました。

3

4

5

6

7

午後からは総会が開かれ、これからの活動について話し合いがなされたようです。

2

学年朝礼・甲南タイム 5/30

5月30日(月)の朝、1・2年生は学年朝礼、3年生は甲南タイムを行いました。各学年の講話、連絡内容等は次のとおりです。

1学年:上原先生

・昨年度、フランスに留学させてもらった。海外の様子は聞くと見るでは大違い。

・日本での常識は海外では通じない。もちろん、その逆もある。

・2歳の娘を連れていると若い人も年配の人もすごく気にかけてくれる。どんどん話しかけてくる。地下鉄やバスではすぐに席を譲ってくれる。

・挨拶はとても重要。挨拶をしない人間は相手にされない。

・個人主義の国。理解できない面もあったが、根底ではしっかり人がつながっている。お互いしっかり主張し合うからかもしれない。

・まずは旅行からでもいい。若い人にはどんどん海外に出てほしい。

0

2学年:小原先生

・人生の選択は前向きな選択をしてほしい。

・「できない」と思っているのは自分だけで、とことんやってみなければならない。

・やり直しは確かにできるが大変。だからこそ、「未来」の自分が後悔しないように「今」をがんばってほしい。

Photo

3学年:甲南タイム 

・3年1組生徒

「世界史や日本史の授業は難しく感じる面もあるが、過去を学ぶことでこれからに生かせていけるので楽しみながら学んでいきたい。」

・3年6組生徒

「小学生の時、指を切断する大けがをしたが、治療や薬のおかげで、少し形は違っているが爪も含め失った部分が再生しており、現代の医療技術のすごさに感動した。」

・3年7組 教育実習生

大学生活の話を交えながら、高校卒業後も目標をもって夢をかなえるために精一杯努力していくことが大切という話をしてくれました。

・3年8組 教育実習生

大学での研究の話や大学生活の話、高校生の頃の話をしてくれました。高校の時は部活動中心の生活で、得たものも多いが受験への取り組みが遅かったと後悔する部分もあるとのこと。可能な限り早く始めておいた方がいいと後輩達にアドバイスをくれました。

Photo_3

Photo_5

Photo_8

Photo_4

2016年5月29日 (日)

創立110周年記念に関する広告について

5月29日(日)付、南日本新聞朝刊第7面に甲南高校創立110周年記念の一面広告が掲載されています。

「甲南 さらなる未来へ」と題して、旧二中・旧二高女・甲南の沿革や110周年記念事業などが写真入りで詳しく紹介されています。

新聞をご購読の方で、ご覧になってない方はぜひご覧ください。

2016年5月28日 (土)

「もしも」の時のために

5月23日、今年度1回目の防火防災避難訓練を実施しました。お忙しい中、鹿児島市消防局甲南分遣隊の皆さんに来ていただきました。

今回は校内での火災発生を想定して行われました。6校時途中に非常放送が鳴り、生徒職員は速やかに避難場所のグラウンドに避難をしました。

2_3

3_3

全体的にスムーズに避難を完了することができました。

その後、生徒代表2名と職員代表1名が甲南分遣隊の方の御指導の下、消化剤がわりに水の入った消火器を使った消火訓練を行いました。

5_3

6_3

7_2

最後に甲南分遣隊の方から講評・講話をいただきました。

8_2

「今日は皆さんスムーズに行動できたようです。しかし、災害はいつやってくるかわかりません。日頃から危機意識を持ってください。また、避難場所について家族とも話し合っておいてください。」

「先日、熊本で大きな地震被害がありました。その後のボランティアなどで、皆さんと同年代の高校生が積極的に活動し活躍しています。もし、鹿児島で災害が起きた時は可能な範囲でいいので若い皆さんの力を貸してください。」

などお話をしていただきました。今後も全校挙げて防火防災意識をより高めていきたいと思います。

鹿児島市消防局甲南分遣隊の皆さん、ありがとうございました!

2016年5月27日 (金)

ラグビー部、大健闘!!

県総体ラグビーフットボール競技において、準々決勝に進出した本校ラグビー部。ベスト4をかけて鹿児島工業高と対戦しました。

1

2

3

4

〈試合結果〉

・準々決勝 甲南 12 ー 鹿児島工業 66

 優勝候補を相手に勝利を目指して挑みましたが、壁は厚く完敗でした。しかし点差以上に随所に素晴らしいプレーを見せ、2トライをあげ健闘しました。

5

3年生にとって最後の大会となりましたが、目標のベスト8をクリアして満足です。お疲れ様でした、そしてありがとう!3年生!!

2016年5月26日 (木)

赤﨑勇先生、来校!

旧制二中(現・甲南高校)出身でノーベル物理学賞を受賞された赤﨑勇先生(名城大学終身教授)が、鹿児島ロータリークラブによる記念碑除幕式出席のため帰鹿されました。24日13時からひらかれた除幕式に本校の原之園哲哉校長が来賓として出席しました。

A1

宝山ホール前に設置された記念碑には「本当にやりたい事をやりとげる あきらめない心を」という若者に向けたメッセージが刻まれています。

A2

赤﨑先生は、ご挨拶の中で「甲南高校の『剛・明・直』の教えは私の心に深く刻まれている」と述べられました。

A3

除幕式後、赤﨑先生は奥様と一緒に本校を訪問、本校正門近くにある「ノーベル物理学賞受賞記念碑」を見学されました。昨年の6月25日に実施した記念碑除幕式以来の来校でした。

A4

A5職員・生徒(2年生)でお出迎えしました。赤﨑先生は後輩たちの出迎えに感激されたご様子で、満面の笑みで「頑張ってくださいね。」と生徒達に声をかけていらっしゃいました。
生徒たちは先生と一緒に写真に収まり、「先生に声をかけていただいて感激です。頑張ります!」と話していました。

A6

写真下:青色LEDの光に照らされる夜の記念碑A7

2016年5月25日 (水)

平成28年 第2回甲南塾

本日、14時から平成28年第2回甲南塾を行いました。
講師に、俳優でプロデューサーの甲南25期・西田聖志郎さんをお迎えしました。

「映画により鹿児島の魅力を世界に発信 ~ 才能より思い ~」という演題で講演をしてくださいました。

Photo

西田さんは、ご自身の半生、企画・出演された映画「六月燈の三姉妹」のこと、テレビドラマや映画において鹿児島ことばの指導者としても活躍されていることなど聴く者を惹きつける素晴らしい声で語ってくださいました。そこには、映画に対する熱い思い、ふるさと・鹿児島への愛情が強く感じられました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

途中、KBC(放送部)や演劇部の生徒に発声のレッスンをしてくださいました。プロの俳優から直接学ぶことができた貴重な機会でした。

Photo_6

写真下:講演後、生徒会・広報委員の取材に応えてくださった西田さん

Photo_7

写真下:校訓碑の前で。

Photo_8
厳しい世界で活躍されるプロだからこそ言える話を西田さんにしていただきました。生徒達に向けた「才能というものはない。才能を生み出す努力をしてほしい」「失敗を恐れるな」「若い今だからこそ、何事にも挑戦してほしい」などの人生の先輩からのメッセージが印象的でした。

西田聖志郎さん、お忙しい中、本日はありがとうございました。

カテゴリ